Composer & Producer

Susumu UEDA

Requiem Project

レクイエム・プロジェクトは2018年、10周年を迎えました。

このプロジェクトで生まれた楽曲から

ラテン語テキストによる4作品の試聴が​可能です。下記ボタンからどうぞ。

レクイエム・プロジェクト関連 コンサート

<これから>

nagasaki2019-001.jpg
kobe2019-001.jpg
tokyo2019.jpg

上田益が主宰し、2008年に神戸で始まった合唱プロジェクト。被災地・ひと・地域が合唱を通してつながるプロジェクトです。自然災害や戦災で傷ついた地域を中心に、これま全国10箇所(神戸、東京、兵庫県佐用町、沖縄、長崎、広島、仙台、南相馬、北いわて、気仙沼)で活動を行い、うち7箇所で継続した活動を行っています。関連のコンサートは、福島市や札幌でも行い、海外でもコンサートを行っています。詳細はコチラからDLをお願いします(2017.02版)。
10周年に向けた資料はコチラから(PDF 約15Mb)


海外でのコンサートは、2012年・プラハ(ドヴォルザークホール)、2014年・ウィーン(聖シュテファン大聖堂主催・公式コンサート)、東日本大震災から5年となった2016年には、バチカン教皇庁の特別な許可を得て、追悼と復興祈念の特別公演を行い、バチカンではサン・ピエトロ大聖堂ミサでの演奏およびシスティーナ礼拝堂での献唱、聖フランチェスコ聖堂(アッシジ)およびサンタ・トリニータ教会(フィレンツェ)でのコンサートを、各被災地から参加したプロジェクト合唱団有志、オルガニスト・佐々木悠氏、地元のプロ・オーケストラとともに演奏。


映像は、2014年に行った聖シュテファン大聖堂でのダイジェスト版です。
​バチカン・イタリア特別公演の模様も、近日アップする予定です。オーディオでの試聴を先行してこちらで行っています。「Stabat Mater」Ave Maria」で、アッシジでの演奏がお聴きいただけます。

2018年度コンサート(終了分)

© 2017 SUSUMU UEDA All rights reserved