Profile

​作曲家・プロデューサー
合唱曲、オーケストラ、TVドラマ、アニメ、イベント音楽など、様々なジャンルの楽曲を手掛けています。
​上田 益

Susumu UEDA

​1956年 大阪生まれ。

京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。廣瀬量平氏に師事。京都音楽協会賞受賞。1980年度文化庁芸術家国内研修員に選出され、東京にて研鑽を積む。

​現在、東京在住。

 

クラシック音楽の作曲のほか、長野オリンピック公式楽曲「WINTER FLAME」の作曲(1998)や神戸ルミナリエ(1999年~)などのイベント音楽、また「1リットルの涙」「黒革の手帖」などのテレビ・ドラマ音楽、NHKや民放の番組音楽、アニメなどを多数手掛けるほか、80タイトル以上のCDアルバム制作に関わり、サウンド・プロデュースおよび作曲・編曲を行う。

合唱作品も多く、全音楽譜出版社やカワイ出版から、これまでに14タイトル72曲が出版されている。

 

その他、阪神・淡路大震災から15年となる2010年に向け、2008年より追悼と希望の合唱プロジェクト「レクイエム・プロジェクト」を主宰し、神戸で実施。被災者自らが合唱団員として参加するその活動は、自然災害や戦災で傷ついた全国10箇所に広がり、被災地・ひと・地域が合唱でつながるプロジェクトとして注目されている。現在、東京・神戸のほか仙台・北いわて(久慈を中心とした北部沿岸部)などの東日本大震災被災地、広島・長崎など7箇所で継続した活動を継続し、各地で合唱とピアノ​、オーケストラによるコンサートを行っている。

海外でもレクイエム・プロジェクトのコンサートが行われ、プラハ(2012年、ドヴォルザーク・ホール)のほか、2014年にはウィーン聖シュテファン大聖堂主催・公式グランドコンサートにおいて、「レクイエム~あの日を、あなたを忘れない~」などを演奏。10分間以上のスタンディング・オベーションが続き、教会でのコンサートとしては異例の反響となった。

2016年9月には、バチカン教皇庁の特別な許可により、復興祈念、平和への祈りを目的としたレクイエム・プロジェクト「バチカン・イタリア特別公演」を行い、サン・ピエトロ大聖堂、システィーナ礼拝堂(以上バチカン)、聖フランチェスコ聖堂(アッシジ)、サンタ・トリニータ教会(フィレンツェ)で、各被災地からの合唱団有志らと共に演奏を行い、大成功を収めた。

​またこの公演に際し、新作「Missa Brevis - precatio pro pace - 」(全楽譜出版社刊)を、フランシスコ法王に献呈する栄誉を与えられた。

© 2017 SUSUMU UEDA All rights reserved